敏感肌の化粧品選び

アトピー肌におすすめの化粧品

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

現代病とも呼ばれているアトピー肌は、乳児から大人まで幅広い世代を悩ませており、年々患者数を増やしているとされています。
今回は、アトピー肌におすすめの化粧品についてご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

 

アトピー肌とは?

 

02

 

アトピー肌の正式名称は「アトピー性皮膚炎」と言い、かゆみのある湿疹が全身のいたるところにできる皮膚の病気です。
左右対称に現れたり、患者の年齢によって現れるパーツが変わるという特徴を持っています。
乳児期は、主に頬や額で、ひどくなると胸や背中、手足に現れるとされていますが、幼児期になると首の周りや肘の内側、膝の裏側といった関節の内側に現れ出します。
大人になると顔や首、胸に背中など、手が届きやすい部分に、症状の重い湿疹ができやすくなるとされています。
アトピー性皮膚炎の治療法は確立されていないので、症状の改善と悪化を繰り替えしますが、適切なスキンケアや継続的な通院で症状をコントロールし、日常生活に差し支えない状態を維持することは可能なようです。

 

アトピー肌と敏感肌の違い

 

アトピー肌と敏感肌はそっくりな共通点があります。それは、どちらもお肌のバリア機能が低下し、皮脂の分泌量が極端に少なく、角質層の水分を保つ力が弱い状態にあるというところです。
敏感肌は、肌が乾燥してしまい、バリア機能が低下して様々な刺激に弱くなってしまった状態の肌のことを指します。
これに対し、アトピー肌は、バリア機能が低下した敏感肌にアレルギー反応と湿疹やかゆみなどが加わり、皮膚疾患になってしまったお肌のことを指します。
アレルゲンが肌に触れたり、体内に入ることで症状が悪化することがあります。注意しましょう。

 

アトピー肌のケアで注意したいポイント

 

02

 

アトピー肌は、敏感肌よりもさらに刺激を受けやすい状態です。
それでは、どのようなポイントに注意しながらケアを行えばいいのでしょうか?
アトピー肌のケアは、以下のようなポイントに注意してくださいね。

 

刺激の少ない成分で作られている

少しの刺激でもひどいダメージを受けてしまうお肌のことを考え、刺激の少ない成分で作られている化粧品を選ぶようにしてくださいね。
アルコール、合成着色料、合成香料などが含まれている化粧品は、お肌に刺激を与える原因になるので、気をつけましょう。
また、アレルギーになる成分や自分の身体と合わない成分があった場合、アトピーの症状が悪化してしまう原因になってしまいます。成分表はきちんと確認するようにしてくださいね。

 

保湿力が高い

皮脂の分泌量が極端に少なく、角層の水分を保つ力が弱い肌のために、スキンケアは水分を与えて潤いを保つ作用のある成分を含んでいるものを選びましょう。
元々肌に含まれている保湿成分の「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」は、肌のハリと弾力、潤いを保つのに欠かせない成分です。
元々肌に含まれている成分なので、安心して使うことができますよ。

 

安全性が確認できる

バリア機能が低下してしまっていて、極度に刺激に敏感な肌だからこそ、安全性にはこだわりましょう。
どんな原料を使用しているのか、製造工程や工場の環境はどうなっているのか、きちんと管理されているのか、安全性テストやモニター試験が行われているのか、安全性をしっかり確認してから使うようにしてくださいね。

 

バリア機能サポート成分が含まれている

低下してしまったバリア機能を助けるためにも、肌のバリア機能をサポートする成分が含まれた化粧品を選びましょう。
保湿成分である「セラミド」のうち、「ヒト型セラミド」は、人のお肌にもともと存在している成分と同じ構造なので刺激が少なく、バリア機能をサポートする作用があるとされています。

 

アトピー肌におすすめの化粧品

 

1.DECENCIA つつむ

 

02

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドである「DECENCIA」のベーシックラインです。
DECENCIAの商品ラインの中でも「つつむ」は、最も刺激が少なく、高保湿であるため、刺激に非常に敏感になっているアトピー肌でもお手入れすることができるとされています。
通常のセラミドの4倍もの浸透力を持つ「セラミドナノスフィア」という保湿成分が徹底的に保湿をし、角層の奥まで浸透して、潤い続けるお肌に導いてくれますよ。
衛生管理、アレルギーテスト、実施用モニターテストなどを徹底して行っています。敏感なお肌にも安心して使うことができるのも嬉しいポイントではないでしょうか?
お試しセットも購入できるので、自分に合うかどうかを手軽に試すことが出来るので、気になった方は一度試してみてくださいね。

 

DECENCIA「つつむ」を試してみる

 

2.常磐薬品 NOV(ノブ)

 

02

皮膚医学に基づいて開発された常盤薬品の低刺激化粧品ブランドです。
お米由来の高保湿成分である「α-グルコシルグリセロール」や、セラミドに似た構造をもつ「天然セラミド」を高配合されており、バリア機能が損なわれたお肌の潤い不足を改善に導きます。
厳選した精製度の高い原料と最新鋭の設備・品質管理で安全性を追求した低刺激処方のNOVは、敏感になっているお肌のことを考えて、無香料・無着色で仕上げられているので、アトピー肌でも安心して使用することができますよ。

 

常磐薬品「ノブ」を試してみる

 

3.小林製薬 ヒフミド

 

02

人の肌にあるセラミドとまったく同じ構造をもつ「ヒト型セラミド」が配合されている小林製薬のスキンケアシリーズです。
年齢とともに失われていくセラミドをスキンケアアイテムから直接補うことで、お肌の老化につながる乾燥や刺激から敏感になったお肌守り、基礎力を高めていく効果が期待できます。
製薬会社ならではの管理基準を徹底されたことによって保たれる高い品質で、潤いをお肌のすみずみまで届け、弾むようなハリのあるお肌へ導いてくれますよ。

 

小林製薬「ヒフミド」を試してみる

 

まとめ

 

02

 

敏感肌とアトピー肌はかなり似ていますが、現れる症状は全然違います。
そもそも敏感肌は皮膚疾患ではありません。ですが、保湿を行って肌のバリア機能を高めるというポイントは同じですね。
アトピーの症状が悪化しそうな原因を取り除きながら、適切なケアを行いましょう。

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る