敏感肌の化粧下地~上手な選び方3つのポイント

敏感肌の化粧品選び

敏感肌さんの化粧下地選びのポイントは?

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

女性

ファンデーションの密着効果を高めてくれる化粧下地。基礎化粧品でケアした肌とメイクの間に位置することで、肌を保護する効果も期待できるのです。
敏感肌の方は、低刺激のものを選ぶことが重要ですが、そのほかにも押さえておきたいポイントがあります。

そもそも化粧下地は必要なのか

ファンデーション

化粧下地の選び方を紹介する前に、化粧下地はそもそも必要なのか考えてみましょう。化粧下地を使用する目的には、ファンデーションの密着、整地、保護といったものがあげられます。そのため、必ずしも必要なわけではありませんが、乾燥や紫外線から肌を守ってくれる役割もあるため、肌のバリア機能が弱く刺激を受けやすい敏感肌の場合は、化粧下地を使うことで外部刺激による肌トラブルを回避できる可能性もあります。
なお、敏感肌用ファンデーションなどでは「化粧下地不要の製品」もあります。使用するファンデーションによっても化粧下地が必要かどうかが変わってくるので、ファンデーションを選ぶ際にも確認してみるとよいでしょう。

敏感肌の化粧下地選び3大ポイント

化粧

さて、敏感肌の方が化粧下地を選ぶ上でのポイントを3つ紹介します。

保湿成分が配合されている

敏感肌の方は、肌を外部刺激から守る「バリア機能」が低下している状態にあります。肌のバリア機能を担っているのは肌の角質層ですが、乾燥などによって肌の角質層の水分量が低下すると、バリア機能も低下してしまうのです。保湿効果の高い化粧下地を使うことで、乾燥を防ぐ効果が期待できます。コラーゲン、セラミド、スクワランなどの保湿成分が配合された化粧下地を選びましょう。

UVカット成分が配合されている

紫外線は、肌のバリア機能を破壊し、肌状態を悪化させます。化粧下地もUVカット成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。ただし、紫外線吸収剤が使用されているものは、肌に刺激を与えることがあるので、配合成分はしっかりとチェックしてください。

必ずパッチテストを行う

どんなに低刺激で品質にこだわる製品でも、全ての人の肌に合うとは限りません。そのため、新しい化粧下地を試すときには、試供品やサンプルでパッチテストを行いましょう。違和感や何らかの異常を感じたら、使用しないほうが賢明です。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る