「成分」で選ぼう!失敗しない敏感肌の基礎化粧品選び

敏感肌の化粧品選び

敏感肌の基礎化粧品選び!見るべきは成分!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌

「なんとなく良さそうだから」「有名だから」…そんな理由で基礎化粧品を選んでいませんか?大切なのは、自分の肌にもっとも適した基礎化粧品を選ぶことです。特に、肌の元気が低下している敏感肌の場合、いい加減に選ぶと症状の悪化につながる可能性も。配合成分に注目し、自分の肌にマッチした1品を探しましょう。敏感肌のための基礎化粧品の選び方について、詳しくお伝えします。

敏感肌の方が注意すべき成分とは?

化粧品

敏感肌の方は、化粧品を選ぶうえで注意すべき成分がいくつかあります。化粧品を選ぶ際には、必ずチェックしましょう。
ひとつ目は、油脂。角質層のバリア機能が弱った敏感肌では、ターンオーバーが正常に行われていないことが多いです。化粧品には保湿目的でさまざまな油脂が使用されますが、これを多く含む化粧品は「大人ニキビの原因」にもなるため、敏感肌の方は特に注意が必要です。
次に注意すべきが、香料。香料の中には、光に反応して肌トラブルを引き起こすものがあります。また、石油系などの合成香料の場合、ホルモンバランスを崩してしまうという説も。敏感肌を悪化させる要因となります。香料は、スキンケアの観点から見れば必須のものではありません。敏感肌の方は、無香料のものを選ぶのがベターでしょう。
ミネラルオイルにも注意が必要です。ミネラルと聞くと肌に良さそうな印象がありますが、これは間違い。ミネラルオイルとは、石油を精製する過程で取れる鉱物油のことなのです。肌へ不要な刺激を与える可能性があるため、おすすめできません。

おすすめ!敏感肌向け化粧品ブランド

敏感肌

配合成分の見極めは、基礎化粧品選びのポイントであり基本です。ただし、肌にやさしい成分のみを使用していたとしても、質の悪い原料によるものであれば意味がありません。やはり、症状を悪化させる危険性があります。
そこで大切なのが、成分と同時に「品質にこだわるブランド」を把握しておくこと。ここで、敏感肌向けのおすすめ化粧品ブランドをいくつかご紹介します。

ディセンシア アヤナス

ay_img02

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド。今までの敏感肌用スキンケアブランドが「敏感肌でも刺激なく使える」ということをメリットとしていた中、「敏感肌はもっと美しくなれる」と、敏感肌専用のエイジングケアや美白ケアを可能にした画期的な敏感肌用化粧品ブランドです。
当然、商品はグループであるポーラ研究所の技術力に裏付けられた安全性の高いもので、徹底したアレルギーテストや皮膚科医が立会ってのモニターテストなど、敏感肌の女性が使用しても安心です。
特に敏感肌女性にオススメなのが、エイジングケアラインの「アヤナス」。敏感肌女性は健常肌女性に比べて「+11歳」も老けて見える。そしてその原因は敏感肌特有のものである。ということを解明し、「敏感肌独特のエイジング原因」に徹底対応したラインです。
まさに「攻めの敏感肌ケア」として、若々しくハリのある肌へ導いてくれます。

敏感肌ケア×エイジングケアを実現したアヤナスのレポートはこちら

アクセーヌ

皮膚の専門家との共同開発から誕生した敏感肌のための化粧品ブランド。ポイントはやさしい使い心地をとことん追求した「低刺激」と、肌に負担をかけずにしっかりと潤いを与える「保湿」。肌のバリア機能を保ち、肌トラブルをくりかえさないスキンケアを実現しています。

NOV

臨床皮膚医学に基づいたスキンケアがコンセプト。皮膚科ドクター協力のもと開発された化粧品は、敏感肌やアトピー肌の人でも安心して使えるほど低刺激。使用する原料も、厳しい基準をクリアしたものを厳選して使用するなど、安全性にもこだわっています。

配合成分と製品にこだわったブランドを見極め、ぜひともご自身に合った「納得出来る基礎化粧品」を探し出してください。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る