敏感肌のための美容液講座~選び方とおすすめアイテム

敏感肌の化粧品選び

【敏感肌の化粧品選び】
敏感肌は美容液でよくなるの?

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌の美容液選び

敏感肌の美白やエイジングケアを強化するための化粧品の中でも、特に「効果」という面で注目されるのは美容液ではないでしょうか?
しっかりケアしているのに、効果が・・・という敏感肌女性は、スキンケア化粧品を選ぶ際に、美容液をスキンケアの中に入れてみては?ただし、一言で敏感肌用化粧品といっても、多くの美容液が世の中にはあります。敏感肌を美肌にするためには、敏感肌に最も適した美容液を選ぶことが重要です。今の段階でスキンケア化粧品がしみてしまうなど、刺激に弱い敏感肌の女性は、特に選び方に注意しましょう。このページではスキンケアに美容液を取り入れたいと思っている敏感肌女性のために、敏感肌用の美容液の正しい選び方と、おすすめのアイテムをご紹介します!

敏感肌には乳液タイプの美容液を

敏感肌には乳液タイプ

敏感肌は、生来肌のバリア機能が弱い傾向があります。敏感肌のバリア機能は、ストレスや紫外線、乾燥などの外部刺激をうけることでさらに弱まります。
敏感肌は元々肌のバリア機能が弱い上に、外部刺激の影響を受けやすく、乾燥やストレスなどによりお肌のバランスが乱れると、途端に壊れてしまうのです。敏感肌のエイジングケアや美白ケアなどの美肌への道を邪魔している大きな原因はこのバリア機能の低下と、外部刺激と言っても過言ではありません。つまり、敏感肌女性が美肌ケアにまず必要なものの一つは「乾燥対策」。そこで、敏感肌女性がスキンケア化粧品に美容液を入れる場合は、ヒト型ナノセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたものがおすすめです。また、敏感肌専門の化粧品ブランドからは、同時にエイジングケアやコラーゲンケアができるものもあります。

美容液の正しい使い方

敏感肌ケア美容液の正しい使い方

美容液は、化粧水、乳液、保湿クリームなどと共に、適切に併用することが肝心です。どの順序で使用するかは製品によって異なるので、説明書きをよく読むようにして下さい。
使用の際に注意したいのが、複数の美容液を一度に用いらないことです。サプリメントと同じで、色々なものをたくさん使用しても、それだけ効果が倍増するということはありません。まして敏感肌のケアには、肌に極力刺激を与えないことが重要となるので、複数のアイテムを使用するのはやめましょう。
また、化粧水や乳液、保湿クリームと共に、美容液も同じブランド・ラインナップで統一することが望ましいと言えます。それぞれの効果を補完し、高め合うように開発されることがほとんどなので、ライン使いをすることで狙った効果が出やすくなるのです。

敏感肌のケアにおすすめ美容液

それでは、敏感肌におすすめの美容液をご紹介しましょう。「肌を守る保湿成分が配合されている」「角質ケアに最適」「肌の刺激となる成分不使用」など、敏感肌でも使用可能な製品のみをピックアップしました。

アヤナス エッセンス コンセントレート

ay_img06

  • 7,500円(税別)/36g

ポーラ・オルビスグループが立ち上げた敏感肌専門ブランド「ディセンシア」より発売されている美容液です。最大の特徴は、肌を「糖化」から守ること。例えば、時間が経ったご飯。時間が経つと段々黄色くなり、固くなってしまいます。これと同じ現象が肌の中でも起こっており、これを「糖化」と呼びます。敏感肌は肌のバリア機能が弱いため、この糖化が進みやすく、真皮に悪影響を及ぼすのです。糖化によるエイジング現象は「肌の黄ぐすみ」や「肌のたるみ」「毛穴の目立ち」を生じさせるのです。「アヤナス エッセンス コンセントレート」は、敏感肌への「保護ケア&積極ケア」を同時に行いながら、年齢を感じさせる「黄ぐすみ」「たるみ」「毛穴」全てにアプローチ。エイジングケアをして若々しい肌を目指す敏感肌女性にとって、理想的と言える「敏感肌専用エイジングケア美容液」なのです。

アヤナス エッセンス コンセントレートの実力をもっと知りたい!

併せての使用でエイジング効果アップ!アヤナスの化粧水

ライスフォースディープモイスチュアエッセンス

  • 10,000円(税別)/30ml

肌の水分保持力に対するアプローチが期待できる成分、ライスパワーNo.11を配合した美容液です。敏感肌の悪化をもたらす肌の乾燥を防ぎ、敏感な肌をソフトにいたわります。石油系界面活性剤や香料・着色料・アルコールフリー。アレルギーや刺激へのテストを経ている点も、ポイントと言えるでしょう。

アクセーヌADコントロールエッセンス

  • 7,000円(税別)/25ml

敏感肌への使用が考慮された美容液です。ヒアルロン酸配合で、乾燥で元気のなくなった肌の改善効果が期待できます。界面活性剤ほか、アルコールやパラベンもフリー。アレルギーテストも経ています。オイル未使用であるため、ベタつかない使用感も魅力です。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る