敏感肌に最適なファンデーションは?ファンデーションの種類と役割

敏感肌の化粧品選び

敏感肌におすすめのファンデーション

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

女性

ファンデーションは、肌をきれいに見せてくれます。ただし、敏感肌の方などでは「ファンデーションは使わないほうがいいのでは」と、日焼け止めのみですませている方もいるようです。しかし、ファンデーションは紫外線などの外部刺激から肌を守ってくれるので、バリア機能が低下している敏感肌にとって必ずしも悪いものではありません。大切なのはファンデーションの選び方。敏感肌の場合は、どのようなファンデーションが適しているのでしょうか。

敏感肌でもファンデは必要?

ファンデーション

ファンデーションの役割をずばり一言で表現すると「カバー」。単に肌のカラーを整えて美しく見せるだけでなく「乾燥や紫外線から肌を保護する」という役目もあるのですね。特に敏感肌のケアには「外部刺激から肌を保護する」ことが必要なため、特に炎症が起きている場合などを除いては、ファンデーションを使用しましょう。

敏感肌が選ぶべきファンデーションは?

化粧

ファンデーションには「フェイスパウダー」「パウダーファンデーション」「ミネラルファンデーション」「BBファンデーション」など、さまざまな種類があります。
低刺激を意識したものであれば、どのファンデーションを使っても特に問題はありませんが、敏感肌の方の場合は、リキッドタイプよりも、パウダータイプのほうがおすすめです。肌へ密着しすぎず、メイクを落としやすいため、肌へ刺激が軽くて済みます。
その意味では「ミネラルファンデーション」もおすすめ。ミネラルファンデーションとは、肌トラブルをもつ人のためにアメリカのドクターによって開発された、天然ミネラル成分でつくられたファンデーションです。主流はパウダータイプで、クレンジング剤を使わずに落とせるのが特徴。オイルフリーのものが多く、肌への刺激も少ないのでまさに敏感肌向きと言えるでしょう。ただし、中にはオイルやシリコンなどが配合されているものもあるので、事前に配合成分は確認するようにしてください。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る