敏感肌の化粧品選び

【敏感肌の化粧品選び】
敏感肌におすすめの化粧下地!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

0020

みなさんは化粧下地を使っていますか?化粧下地とはスキンケアの後に、メークの前に使うアイテムのことをいいます。化粧下地には紫外線をカットしてくれる効果やファンデーションをより密着させ、化粧もちを良くする効果があります。スキンケアのあとにそのまま地肌に塗布するものなので、敏感肌さんはしっかりと選んで使いたいものですね。

化粧下地を選ぶポイント

刺激となる成分が配合されていない

敏感肌さんにとって「アルコール」や「合成着色料・香料」は刺激として感じやすい成分といわれています。極力配合されていないものを選ぶとよりよいでしょう。
成分は、人によって合う合わないがあるので、肌への刺激が不安な方は事前にパッチテストを行うと安心して使用することができるでしょう。

お肌に優しいUVカット成分が配合されている

紫外線は肌にとって深刻な外部刺激になります。そのため、敏感肌さんは紫外線からしっかりお肌を守る必要があります。UVカット成分として代表的なものとして「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」があります。「紫外線吸収剤」は、紫外線を化学的な仕組みでお肌に吸収させ、熱などのエネルギーに変換させることで、お肌に吸収するのを防いでくれます。一方、「紫外線散乱剤」は紫外線をお肌のうえでミラーのように反射させるというシンプルな方法で紫外線を防いでくれます。「紫外線散乱剤」の方が刺激や負担が少ないため、敏感肌さんには「紫外線散乱剤」配合のものおすすめします。

保湿成分が配合されている

敏感肌や乾燥肌の方は角層中の水分を保持したり、バリア機能の働きを持つ「セラミド」が不足してしまい、外部の刺激からお肌を守るバリア機能が低下しています。そのため、お肌を外部の刺激から守ることができなくなっています。化粧下地ではありますが、スキンケアと同じくらい保湿成分が配合されたものを選ぶことをオススメします。

おすすめの化粧下地

敏感肌用のスキンケアというのはよく目にするものの、化粧下地というとなかなか探すのも難しい・・という方も多いのでは?そこで今回は敏感肌でも安心して使える化粧下地を紹介します!

ディセンシア「サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト」

25g 4,860円(税込)

sa_img01

ポーラ・オルビスグループから誕生した敏感肌用美白ケアシリーズの「サエル」
敏感肌を守りながらも「紫外線カット」「保湿効果」「化粧下地」の効果を兼ね備えた優れもの。肌への負担となる「紫外線吸収剤」は一切使用せずに、「SPF50+」「PA++++」という最高の紫外線カット機能を実現。さらに、数ある「セラミド」のなかでも人の肌に存在している「セラミド」と同じ構造をしている「ヒト型セラミド」を配合し、高い浸透力と保湿力で徹底保湿。また、敏感肌さんが目立ちやすいとされている「くすみ」に着目し、青・黄・赤それぞれの色のくすみにアプローチしてくれます。スキンケア効果とメーク機能の両方を兼ね備え、1本でベースメークが完了できる優れものです。

サエル ホワイトCCクリーム クリアリストについて詳しく

ブルークレール「UVラグジュアリーデイクリームII」

35g 5,130円(税込)

item_0004

お肌に刺激となる成分を一切配合せず、豊富な美容成分を配合。紫外線吸収剤を一切使用せずに、「SPF23」「PA++」の紫外線防御機能もあるので安心して使うことができます。
また、肌の保湿成分である「セラミド」の他にも「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」などを配合し、しっかりとした保湿機能も。お肌の優しさを考えながらもしっかりと下地としての機能を兼ね備えたアイテムです。

UVラグジュアリーデイクリームIIについて詳しく

花王「キュレル UVクリーム」

30g 1,620円 (税込)(編集部調べ)

item_0007

敏感肌さんに不足しがちな「セラミド」の働きを効果的に補い、潤いを与えるケアをしながら、紫外線をカットしてくれます。「SPF30」「PA++」の効果を持ちながらも紫外線吸収剤を一切使用していないので、安心して使用することができます。
また敏感肌さんは紫外線によるダメージを受けやすくなります。そんな敏感肌さんのために紫外線による肌ダメージを防止する成分を配合。白残りもしないため、化粧下地としても使いやすくなっています。

キュレル UVクリームについて詳しく

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る