知ってる?敏感肌に乳液が必須な理由~敏感肌向け乳液講座

敏感肌の化粧品選び

敏感肌なら特に知っておきたい!乳液の役割と使い方

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌

乳液は、角層の保湿力、バリア機能を強めるために必要なスキンケアアイテム。化粧水は保湿と肌を柔軟にする役割を持つなど、化粧品によって担う働きは違うので、他のアイテムと上手に併用することが大切です。化粧水の保湿効果を高めたいから量を多めに使っている、という方がいますが、化粧水の効果を本当に引き出したいのなら「化粧水+乳液+保湿クリーム」のコンビネーションで、適量を正しく使うほうがはるかに高い効果が望めるのです。加えて、乳液の使用順序とその選び方も重要。特に敏感肌の方であれば、しっかりこだわりたいポイントです。自分の知識は正しいのか、改めて見直してみましょう。

乳液の役割

敏感肌

乳液は、角層に油分を補い、肌のバリア機能と保湿力を強める働きをします。
健康な角質層は、水分と油分が層を成しています。これは「ラメラ構造」と呼ばれ、きちんと形成されているときに肌のバリア機能は正常に働くのです。しかし、敏感肌では水分も油分も不足しがち。そこで、まずは化粧水による水分と水溶性の保湿成分の補給が必須となります。水分を補ったので、次は油分(油性成分)の補給が必要ですね。このような理由から、化粧水の後は必ず乳液を塗る必要があるのです。
敏感肌の方は、その後クリームを塗ることをおすすめします。クリームには、油分(油性成分)を補うと同時に、水分や保湿成分の蒸発を防ぐ「フタ」の役割もします。不足しがちな成分をしっかり届けるためにも、化粧水+乳液+クリームを併せて使用するといいでしょう。

乳液の正しい使い方

敏感肌

乳液の正しい使い方も確認しておきましょう。
スキンケアの始まりは、化粧水から。水分・水溶性保湿成分の補給だけでなく、肌を柔らかくし、次の化粧品の導入をスムーズにする働きもあるため、必ず最初に使用すべきです。乳液の使用はその次です。角層へ油分(油性成分)を補うことで「保湿機能+肌のバリア機能」を強化することが可能になります。使用量は製品によっても変わってきますが、一般的には10円玉よりやや大きいサイズが適量とされています。クリームを使用する場合は、最後に塗ること。これによって肌にフタをしてあげることができます。

乳液選びも重要!

敏感肌の方の場合は、乳液の選び方にも気を遣いましょう。ポイントは「品質」「配合成分」「低刺激」の3点。ここでは、そのようなポイントを踏まえた、敏感肌の方におすすめの乳液をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

アスタリフトエマルジョン

  • 4,200円(税別)/100ml

角質層にダメージを与え、敏感肌の大きな原因となる乾燥。アスタキサンチンやナノリコピンなどの保湿成分が、そんな乾燥から肌を優しく守ります。べとつかない軽やかな使用感が評判の、フジフィルムから発売されている乳液です。

スノーヴァフリュイドプラツェンタール

  • 7,800円(税別)/150ml

ロシアの科学技術アカデミーが管理・飼育した特別な豚から、特殊な技術により抽出したプラセンタ原液「クラサ」を配合した乳液です。また、セイヨウノコギリソウ、トウキンセンカ花、アルニカ、キュウリ、セイヨウニワトコ、セイヨウキズタなど、豊富な植物エキスも配合しています。紫外線ダメージから肌を守り、トラブルのないなめらかな肌へと導きます。石油系界面活性剤、合成香料、色素は完全フリーなため、敏感な肌への使用も可能とされています。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る