敏感肌の化粧品選び

敏感肌におすすめのシャンプー

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌と聞くと顔や身体のお肌をイメージすることが多いかと思いますが、実は頭皮の敏感肌に悩んでいる方も多くいます。
自分のお肌に合わないシャンプーを使い続けていると、かゆみや赤み、フケなどのトラブルの原因にもなりますので、シャンプー選びと正しいシャンプーの方法がとても重要なのです。
そこで今回は、敏感肌のシャンプー選びについてご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 

頭皮の敏感肌ってどういう状態?

 

pixta_23379649_M

 

皮膚は一枚でつながっているので、顔や身体の皮膚が敏感な状態だと頭皮も乾燥して敏感になっている可能性が高いと言われています。
頭皮が乾燥した状態になると、バリア機能が低下して刺激を受けやすく、痒みや炎症を起こしやすくなるのです。

 

特に頭皮は常に髪の毛が触れている状態なので、髪の毛が動く少しの刺激でも、継続して刺激を受けることでトラブルが起こしやすくなるのです。
また、日やけ止めなどのUVケアがしにくい場所なので紫外線を受けやすかったり、ドライヤーの熱を受けたりすることで乾燥が進んでしまいます。

 

頭皮は全身の中で最も皮脂腺や汗腺が多い場所なので、汚れやすい場所でもあります。
分泌された皮脂や汗に細菌が繁殖することで、炎症を起してしまう原因になるのです。

 

頭皮の敏感肌のケアのポイントって?

 

pixta_16900146_M

 

敏感肌の頭皮のケアで最も大切なことは頭皮を傷つけないように洗うこと。
痒みやフケが気になるからと言って、強い力でゴシゴシ洗うのは逆効果です。

 

シャンプーする時にお湯の温度が高すぎると、必要な皮脂まで取ってしまいますので、38度前後のお湯で洗うようにしましょう。
いきなりシャンプーを付けるのではなく、まずはお湯だけである程度の汚れを落とすつもりで予洗いをします。時間にすると大体1分半〜2分程度です。

 

その後、直接シャンプーを髪や頭皮につけるのではなく、手で泡立ててから頭皮につけるようにします。
シャンプーの量はショートなら1プッシュ、ミディアム〜ロングなら2〜3プッシュが目安です。
髪となじませながら十分に泡立て、指の腹で優しく全体をマッサージするように洗っていきます。
泡洗顔と同じで泡で優しく汚れを落としていくイメージです。

 

洗い終わったらすすぎもしっかりと行います。
特に生え際や耳の後ろ、うなじがすすぎ残しの多いポイントなので気をつけましょう。
シャンプーが残っていると、それが刺激になって痒みが出ることもあります。

 

また、乾かす時にドライヤーの温度が高すぎると必要な潤いまで蒸発してしまいますので、低めの温度乾かすようにしてください。

 

敏感肌のシャンプー選びのポイントは?

 

pixta_2417035_L

 

正しくシャンプーをすることもそうですが、自分にあったシャンプーを選びことも大切です。
そこで、敏感肌のシャンプー選びのポイントをご紹介いたします。

 

洗浄力が強すぎるものは避ける

 

汚れがかゆみや炎症の原因になるので、洗浄力の強いものでしっかりと洗ったほうがいいのでは?と思うかもしれません。
たしかに洗浄力の強いシャンプーは泡立ちもよく、洗っている時には気持ちいいのですが、シャンプー自体が頭皮への刺激になり、ひどい時にはしみたりピリピリ感じたりすることもあるので避けるようにしましょう。
また、強い洗浄力で皮脂を摂りすぎてしまうと乾燥が進む原因にもなります。

 

アミノ酸系シャンプーを選ぶ

 

アミノ酸は元々人間の身体にも存在するものなので、刺激が少なく優しく洗うことができます。
しかし、洗浄力が弱いものが多いので、汚れや余分な皮脂をしっかりと洗うために正しいシャンプーを行う事が大切です。

 

しかし、アミノ酸系シャンプーとされるものの中でも、ほんの少ししかアミノ酸が入っていないものもありますので、配合されている成分に注意して選びましょう。

 

アレルギーに注意する

 

口コミでの評価が高かったり、人気のある商品だったりしても自分に合わなければ意味がありません。
天然由来成分などのシャンプーはお肌に優しいように見えますが、中にはアレルギーを持つ人もいる成分が含まれていることもありますので、成分表示をしっかりと確認するようにしましょう。心配な方は使用前にパッチテストをすることをオススメします。

 

保湿成分が配合されているシャンプーを選ぶ

 

敏感肌のケアでは、乾燥を防ぐことが肝心です。
頭皮に潤いを与えてくれる保湿成分の配合されたシャンプーを選ぶようにすると、乾燥しやすいシャンプー後の髪と頭皮にも潤いを与えてくれます。
特におすすめなのが、人間の持つセラミドに近い構造の「ヒト型セラミド」を配合しているシャンプーです。
潤いを与えるだけでなくしっかりと保ってくれるので、時間が経っても乾燥を防いでバリア機能の低下を防いでくれます。

 

まとめ

 

pixta_20453696_M

 

頭皮の敏感肌に悩まされる人も増えてきているそうです。
健康な頭皮を保つことが出来るように、正しいシャンプー選びとケアを続けていきましょう。
健康な頭皮が育つことで、髪にもツヤがでて、ハリ・コシのある髪が育ちます。

 

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る