敏感肌の化粧品選び

【敏感肌の化粧品選び】
敏感肌はどんな日やけ止めを選べばいい?

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

0023

ドラッグストアやコンビニでも目にすることの多い日やけ止め。みなさんは普段、日やけ止めをしっかり塗っていますか?最近は、紫外線が肌にとって影響を及ぼすという考えが浸透してきているため、意識の高い方も増えていますが、実は紫外線は夏だけではなく1年中降り注いでいるものなんです。つまり1年を通して紫外線に対するケアが必要になります。今回は敏感肌さんも安心して使用できる日やけ止めを紹介していきます。

日やけ止め選びのポイント

種類の多い日やけ止め。あまりに種類が多くてどれを選んだらいいのだろうか?悩んでしまう敏感肌さんも多いかと思います。敏感肌さんが安心して選べるようポイントをまとめました。

・紫外線カット成分をチェックしましょう

紫外線はお肌の大敵。しっかりとカットする必要があります。そのうえ、敏感肌さんの場合は、バリア機能が低下しているため、健康なお肌の方に比べて紫外線の影響を受けやすくなっています。紫外線をカットする成分が配合されているか確認をしましょう。
紫外線をカットする成分として代表的として「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」があります。敏感肌さんは紫外線をお肌の上で散乱させるというシンプルな方法で紫外線を防ぐ「紫外線散乱剤」がおすすめです。お肌への負担も吸収剤に比べて少ないといわれています。
一方、「紫外線吸収剤」は化学反応により、紫外線をお肌の中に取り込み、熱などのエネルギーに変換することで紫外線がお肌の中に吸収するのを防ぐため、中には刺激と感じる方もいるかもしれません。

・低刺激なものを選びましょう

紫外線のカット機能重視で選んでしまうと、なかには肌への刺激の強いものもあります。日やけ止めは、お肌に直接塗布し、長時間のっているものなため、刺激と感じやすい成分はできるだけ避けた方が良いでしょう。配合量や種類によっても異なりますが、「アルコール(エタノール)」や「合成の香料や着色料」は刺激と感じやすいためできるだけ使用を避けた方が良いでしょう。
また、「紫外線吸収剤」も敏感肌さんには刺激と感じるかもしれません。ただ最近では紫外線吸収剤をカプセル化して直接お肌に触れることなく、肌のトラブルを防げる商品もあるため購入の際には必ずチェックをしてみましょう!

敏感肌におすすめの日やけ止め

ディセンシア 「サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト」

25g 4,500円(税抜)

sa_img01

ポーラ・オルビスグループから誕生した敏感肌用美白ケアシリーズの「サエル」
敏感肌を守りながらも「紫外線カット」「保湿効果」「化粧下地」の効果を兼ね備えた優れもの。肌への負担となる「紫外線吸収剤」は一切使用せずに、「SPF50+」「PA++++」という最高の紫外線カット機能を実現。さらに、数ある「セラミド」のなかでも人の肌に存在している「セラミド」と同じ構造をしている「ヒト型セラミド」を配合し、高い浸透力と保湿力で徹底保湿。また、敏感肌さんが目立ちやすいとされている「くすみ」に着目し、青・黄・赤それぞれの色のくすみにアプローチしてくれます。スキンケア効果とメーク機能の両方を兼ね備え、1本でベースメークが完了できる優れものです。

サエル ホワイト CCクリーム クリアリストを試してみる

アクセーヌ「スーパーサンシールド EX SPF50+・PA++++」

22g 4,000円(税抜)

item_0006

皮膚生理学に基づいて低刺激・高性能ブランド「アクセーヌ」
紫外線カット機能はもちろんのこと、心地よさややさしさにこだわった日やけ止めクリームです。
紫外線吸収剤を一切使用せずに高いSPF値(SPF50+)を実現。エタノール(アルコール)や合成香料もも配合していません。さらに、色素が直接肌に触れないような特殊な技術「パーフェクトヴェール」を採用し、敏感肌でも安心して使うことができる日やけ止めです。

スーパーサンシールドを試してみる

NOV「ノブ UVローションEX」

35mL 2,000円(税抜)

item_0002

乾燥肌、敏感肌に特化したスキンケアブランド「NOV」
敏感肌を守りながらも使い心地を重視したさらっと伸びのよいローションタイプです。もちろん「紫外線吸収剤」は一切使用していないため、敏感肌さんでも安心して使用することができます。また、専用のクレンジングが不要なので、落としやすさにも考慮した処方になっています。

ノブ UVローションEXを試してみる

日やけ対策

また、日やけ止めを塗れば、紫外線対策が完了したと思いこみがちですが、それだけで終わりではありません。日やけ止めは定期的な塗りなおしが重要になります。汗や皮脂によってしっかり塗った日やけ止めもどんどん落ちてしまうため、必ず2~3時間おきに日やけ止めの塗りなおしを行いましょう。
また、その他、日傘やアーム、帽子などで紫外線対策をするとより良いでしょう。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る