敏感肌の日焼け止め5選

敏感肌の化粧品選び

敏感肌でもOK!肌にやさしい日焼け止め

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

紫外線を浴びる女性

肌にとって、紫外線は大敵。さらに敏感肌の場合、肌のバリア機能が低下しているため、より紫外線の影響を受けやすいのです。そこで活用したいのがUVケア化粧品や日焼け止め。敏感肌の方が日焼け止めを選ぶ際は、肌に刺激の少ないものを選ぶことが重要となります。そこでポイントとなるのが、「紫外線吸収剤が使われているかどうか」という点。紫外線吸収剤とはいったいどのようなものなのでしょうか。

敏感肌は避けるべき?紫外線吸収剤とは

紫外線イメージ

日焼け止めには、紫外線を吸収して、それを化学反応させることにより、紫外線の害を減らす「紫外線吸収剤」が配合されているものも多く存在します。汗には比較的強いですが、一度肌の表面で吸収させるため、敏感肌の場合、刺激を感じることも。そのため、紫外線吸収剤が含まれる日焼け止めは敏感肌の方にはおすすめできないと言われていますが、最近では、紫外線吸収剤をカプセルに入れ、直接肌に触れないように工夫されているものもあります。

敏感肌でも使えるおすすめ日焼け止め5選

紫外線を浴びる女性

それでは「敏感肌でも使用できるおすすめ日焼け止め」を5個ピックアップしてご紹介します。肌への負担軽減が考えられているため、敏感肌でも使いやすい製品といえます。

1位:サエル ホワイトCCクリーム クリアリスト/SPF50+ PA++++

おすすめ敏感肌用日焼け止め

紫外線吸収剤不使用のケミカルフリー処方で、敏感肌専用の日焼け止めとしては画期的なSPF50+&PA++++の最強日焼け止めCCクリーム。紫外線吸収剤不使用の日焼け止めにありがちなキシつきやもっさり感はまったくなく、シルキーなつけ心地はもはや革命。

サエル ホワイトCCクリーム クリアリストはこちら

2位:アクセーヌ マイルドサンシールド

SPF28+&PA++と紫外線防止効果は若干弱いものの、ノンケミカルな低刺激が特徴的な保湿UVケア化粧品。パーフェクトヴェール技術によって、直接色素が肌へ触れてしまわないようにしながら、ファンデーションのノリやキープに配慮することが可能。

アクセーヌ マイルドサンシールドはこちら

3位:ドクターシーラボ マイルドUV

敏感肌向けのマイルドな使用感で紫外線を防いでくれるSPF40・&PA+++のUVケア化粧品です。アルコール・香料・着色料などはフリー。低刺激を意識した使い心地は軽く、肌の水分や油分を抑えながらさらさら感がキープされるように配慮されています。

ドクターシーラボ マイルドUVはこちら

4位:アベンヌ ミネラルUVシールド

アルコールや合成着色料も未使用で、敏感な肌にも配慮されたUVケアクリームです。水への強さにも配慮されているのに普通の洗顔料でも落とすことが可能。ソフトな使用感と、天然ミネラルによるSPF50+&PA++++の紫外線防止効果を実現しています。

アベンヌ ミネラルUVシールドはこちら

5位:キールズ DS BBクリーム

肌色に合わせてオークル系の「フォア」とピンク系の「ライト」と2色を選択できる、ビタミンC誘導体の配合が特徴的なBBクリームです。アレルギーなど皮膚科学的テストも経て敏感な肌への安全性も高く、日焼け止めとしても問題の無いSPF50+&PA+++。

キールズ DS BBクリームはこちら

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る