敏感肌の化粧品選び

敏感肌におすすめの美白化粧品

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

できるだけ負担をかけないようにするために保湿ケア以外のケアがなかなかできない敏感肌。
美白ケアをしたくても、美白化粧品は刺激が強すぎてピリピリするため、使えないことがほとんどです。
ですが、敏感肌用の美白化粧品なら安心して美白効果を実感することができますよ。
今回は、敏感肌におすすめの美白化粧品についてご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

 

敏感肌の特徴

 
02

 

敏感肌はお肌のバリア機能が低下しており、少しの刺激でもダメージを受けてしまう状態のことを指します。
敏感肌は乾燥や紫外線などの刺激によって炎症と酸化を繰り返し起こしているので、メラニンが過剰に生成されやすく、シミやくすみができやすいと言われています。
このような敏感肌特有のサイクルが繰り返されるため、美白成分が効きにくく、美白の効果を感じることができない場合が多いようです。

 

敏感肌の美白化粧品の選び方のポイント

 
02

 

敏感肌の方は、どんな美白化粧品を選ぶようにすれば良いのか、美白化粧品の選び方のポイントをご紹介します。

 

低刺激の化粧品

 
強い刺激の成分が入っていると、それが刺激となり炎症を起こす原因になります。炎症が起こると刺激物質がメラノサイトを攻撃し、メラニンが生成されシミやくすみの原因になってしまいます。
敏感肌が刺激と感じやすい「アルコール(エタノール)」や「合成香料」が配合されていない化粧品を選ぶようにしてくださいね。

 

バリア機能を高めるケアができる化粧品

 
敏感肌がピリピリと刺激を感じるのは、肌のバリア機能が低下し、荒れた角層の隙間からを刺激が入ってしまうからなんです。このような肌状態だと炎症がおきやすく、美白成分もなかなか浸透していきません。
まずは美白成分が効きやすいお肌をつくるためにもバリア機能を高めるケアができる化粧品を選ぶようにしましょう。

 

抗炎症作用のある化粧品

 
敏感肌はバリア機能の低下に伴い、炎症が起きやすい状態になっています。炎症により過剰生成されるメラニンを抑えるために、抗炎症作用のあるものを選ぶようにしましょう。

 

美白有効成分が配合されている化粧品

 
「薬用」もしくは「医薬部外品」という記載があるものを選んでください。
厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されていることが、国に認められた製品が「医薬部外品」です。
美白化粧品を選ぶ際には、「美白有効成分」が配合された「医薬部外品」を選びましょう。
美白有効成分の中でも、敏感肌向けに刺激を抑えた美白成分でありながら、しっかりと美白作用が期待できる成分が配合されたものを選ぶようにしてくださいね。代表的な美白有効成分としては、「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「トラネキサム酸」があります。
成分表には違う名称で表記されていることもあるので、注意して見るようにしましょう。

 

敏感肌におすすめの美白化粧水

 

 

1位 DECENCIA(ディセンシア) サエル【医薬部外品】

 
02
 
ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドDECENCIA(ディセンシア)の美白シリーズ「サエル」の商品です。
 
刺激に弱く、肌トラブルを引き起こしやすい敏感肌に潤いを与えて、バリア機能を改善しながら美白ケアができる独自の特許技術や成分を取り入れた敏感肌専用処方が特徴。
美白有効成分「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」も配合されているので、刺激を感じにくいのにしっかりと透明感を取り戻すことが出来るのも嬉しいポイントです。
さらに、肌内部の炎症を抑制する植物成分「コウキエキス」を配合。赤み、かゆみや過剰なメラニンの生成を抑制します。
 
アルコール(エタノール)、合成香料は一切使用していないため、敏感肌でも安心して使うことができますよ。また、皮膚科医立会いでのテストも実施されているのも安心できますね。
初めての方のために、自分に合うかどうかを手軽に試すことができる化粧水、美容液、クリーム10日分のトライアルセットが初回限定1,480円(税込、送料無料)で用意されています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

DECENCIA サエル10日間トライアルセットのお試しはこちらから

 

 

2位 米肌 澄肌美白【医薬部外品】

 
02
 
米肌 澄肌美白はKOSEの美白ケアブランドの商品です。
肌の水分保持能を“改善”する唯一の成分「ライスパワーNo.11エキス」を配合。こだわりのお米由来の保湿成分と発酵の力で、角層をなめらかに整え、ぬけるような澄みきった肌に導きます。
美白有効成分に「ビタミンC誘導体」を使用し、角層のすみずみまで浸透し、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。さらに、エッセンスには、「ビタミンC誘導体」に加え、肌あれ防止有効成分「ビタミンE誘導体」の2つを配合。肌あれを防ぎながら、メラニンの過剰生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。
14日分のトライアルセットも発売されているので、気になる方はチェックしてくださいね。

 

米肌 澄肌美白お試しセットはこちらから

 

 

3位 ライスフォース【医薬部外品】

 
02
 
水分保持能の改善効果」が認められた有効成分「ライスパワーNo.11エキス」配合の薬用保湿化粧品です。
独自の発酵技術でライスパワーNo.11エキスが角質層の深いところまでしっかり届き、お肌が自ら潤う力を育みます。
お肌の質をより良いものに変えて、刺激やダメージによる影響を受けにくいものに育てることができる化粧品です。
独特のトロみのあるテクスチャーがお肌のすみずみにまで浸透し、キメがふっくらしてみずみずしいお肌に導く保湿ケアをしっかり行えるのは、嬉しいポイントですね。
ライトフォースシリーズの美容液は、ダメージから肌を守る力を高める効果を持つ「ライスパワーNo.23エキス」とメラニンを抑制する効果を持つ「持続性ビタミンC誘導体」が配合された薬用美白美容液です。お肌のバリア機能を整えながら、透き通るような透明感のあるクリアな美白を目指します。
約10日分のトライアルセットが用意されているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

ライスフォース 10日間トライアルセットのお試しはこちらから

 

 

4位 キュレル美白【医薬部外品】

 
02
 
乾燥性敏感肌専門ブランド「キュレル」の美白ラインの商品です。
セラミドの働きを守り補い、潤いを与える効果を持つセラミド機能成分である「ユーカリエキス」と、メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ効果を持つカモミールから抽出された植物由来の美白有効成分「カモミラET」が美白美容液、美白乳液、美白クリームに配合されています。
化粧水にはL-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体)が配合されており、しっとり潤うやさしい使い心地が特徴的な化粧品です。
潤い成分がお肌のすみずみにまでじっくり浸透し、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いで透明感あふれる潤ったお肌を目指します。
約20日間使用できる化粧水と乳液のミニセットがあるので、使用感や自分の肌に合うかを試してみてくださいね。

 

キュレル美白のミニセットの詳細はこちらから

 

 

5位 アスタリフトホワイト【医薬部外品】

 
02
 
富士フイルムから発売されているアスタリフトの美白ラインの商品です。
富士フイルム独自の「ナノユニット技術」で美白有効成分が「シミの骨」まで徹底アプローチしてくれます。
独自成分「ナノAMA+」で潤いをたっぷり与え、角層をみずみずしく整えてくれます。
美白有効成分として「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合。さらに、アスタリフトの主成分であるエイジングケア成分「アスタキサンチン」も配合。ハリ・弾力のある美白肌へ導いてくれます。
今ならアスタリフト ホワイトの5日間お試しできる限定キットを発売中。ぜひこの機会にお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

アスタリフト ホワイト美白トライアルキットの詳細はこちらから

 

■ まとめ

 
02
 
刺激を受けやすくメラニンが過剰に生成されやすい敏感肌は、シミやくすみのトラブルが起こりやすい状態なので、自分の肌状態に合わせた美白化粧品を使用することが重要だとされています。
敏感なお肌のことを一番に考え、パッチテスト等を行って自分のお肌に合った美白化粧品で美白ケアを行ってくださいね。

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る