敏感肌の化粧品選び

敏感肌におすすめの美白クリーム

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

透き通るような透明肌にあこがれていても、敏感肌には刺激が強いから…と美白クリームを使うのを避けている方も多いのではないでしょうか?
しかし、敏感肌は刺激を受けやすくメラニンが過剰に生成されやすいので、シミやくすみのトラブルが起こりやすい状態なので,敏感肌の方にこそ美白ケアは必要なのです。
そこで、敏感肌の美白クリームの選び方についてご紹介いたします。

 

 

敏感肌と美白

 

pixta_20061941_M

 

敏感肌の方は、お肌が乾燥してしまうことでバリア機能が低下している事がほとんどです。
お肌が乾燥している状態だとターンオーバーが乱れやすく、くすみがちになりますし、刺激を受けて炎症を繰り返すことでシミとなって残ってしまうこともあります。
だから敏感肌の方こそ、透き通る素肌を保つために美白ケアを続けることが大切です。

 

しかし、美白化粧品を使ったことのある方の中には「美白化粧品を使いたいけど合うものがない」、「美白化粧品でケアするとヒリヒリする」といった声を聞くことがあります。
自分に合うものがなかったという理由で今まで美白化粧品を諦めていた方も、選び方を間違えなければ美白ケアを行うことが出来るのです。

 

敏感肌の美白クリームの選び方

 

pixta_20087752_M

 

敏感肌の方は、どんな美白クリームを選ぶようにすれば良いのかをご紹介します。

 

保湿成分がしっかり配合されているか

 

敏感肌は角層の水分量が不足しているため、どんなに良い美白成分を使ってもなかなか効果を発揮できません。まずはしっかりと保湿を行い、正常なお肌に戻してあげることが重要です。

 

保湿成分といえば「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」が有名ですが、敏感肌の方には「セラミド」が配合されているものがオススメです。

 

「セラミド」は元々人間の角層にある細胞間脂質に存在する成分で、高い保水力を持っています。
また、「セラミド」が水分を抱え込み潤いを保つことで内部からの水分の蒸発を防いで、外部からの刺激を防ぐバリア機能の働きをしています。

 

化粧品に使用されている「セラミド」にはいくつかの種類がありますが、人の持つ「セラミド」と同じ構造を持ち、肌への親和性も高い「ヒト型セラミド」が使用されているものを選ぶのが良いでしょう。
化粧品の成分表示では「セラミド2」「セラミド3」などと記載されていますので、参考にしてみてください。

 

薬用(医薬部外品)かどうか

 

化粧品で美白効果を得ようと考える時には、その美白クリームが「薬用(医薬部外品)」かどうかを確認してみてください。
「医薬部外品」という記載があるものは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているものになります。

 

つまり、美白化粧品には「美白有効成分」がある一定の濃度配合されていると「医薬部外品」と記載することができるのです。
美白有効成分は厚生労働省が認めた有効成分で、代表的なものは下記があります。

 

ビタミンC誘導体…メラニンを還元しターンオーバーを整える
表示例:アスコルビン酸2-グルコシド(L-アスコルビン酸 2-グルコシド)、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)、リン酸アスコルビルMg(APM)など

 

アルブチン…メラニンの生成を抑える働き
表示例:アルブチン、α‐アルブチン

 

トラネキサム酸…メラニンを作る初期段階から予防
表示例:トラネキサム酸、m-トラネキサム酸

 

プラセンタエキス…メラニン色素の産生を阻止
表示例:プラセンタエキス

 

肌への優しさ

 

敏感肌の方は、ちょっとしたことでも刺激になってヒリヒリしたり炎症を起こしたりしやすい状態です。
なので、美白クリームでもお肌へやさしい物を選ぶようにしましょう。
気をつけて見たいポイントは以下のような点です。

 

・アルコール(エタノール)不使用
・合成香料不使用
・紫外線吸収剤不使用
・皮膚科医立会いテスト承認済み
・アレルギーテスト済
・無着色

 

敏感肌にオススメの美白クリーム

 

1位 DECENCIA(ディセンシア)サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト【医薬部外品】

pixta_20087752_M

「サエル」はポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドのDECENCIAの美白シリーズで、潤いを与えることでバリア機能を正常に戻し、美白成分が届きやすい土台づくりをしたうえで、美白ケアをしてくれます。

 

クリームには、独自の特許技術の「ヴァイタルサイクルヴェール®」を採用し、肌表面にバリアを形成して、敏感なお肌を刺激から守りながら乱れた角層のすみずみまで徹底的に保湿ケアを行います。
ヒリヒリやくすみの原因にもなるお肌の炎症、老化の原因にもなる酸化を防ぎ、美白を効かせる肌づくりを徹底サポート。そのうえで、美白有効成分である「ビタミンC誘導体」をしっかりと届けてくれます。
アルコール、合成香料、紫外線吸収剤不使用で、皮膚科医立会いでのテストも実施しているので敏感なお肌にも安心して使うことができます。
トライアルセットも購入できるので、自分に合うかどうかを手軽に試すことが出来ますよ。

 

クリームの他に化粧水、美容液10日分とCCクリーム1回分が入ったトライアルセットが今なら初回限定1,480円(税込、送料無料)でお試しできます!

 

サエル 10日間トライアルセットのお試しはこちらから

 

2位 HAKU メラノクールホワイトソリッド【医薬部外品】

 

170303_06

 

HAKUは資生堂から発売されている美白ケアシリーズ。
「肌がほてる」とシミや黒化につながりやすいということに着目し、クールソリッド処方のクリームを冷蔵庫で冷やして使うことでひんやりとほてりを抑えることでメラニンの過剰な生成を抑えます。
また、「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」という資生堂が開発し、厚生労働省の認可を受けた独自の美白有効成分が配合されています。
硬いテクスチャーのクリームをスパチュラで削り取って肌にのせるとスーッと溶けて馴染んでいき、ひんやり感が続くので炎症などでほてりがちな敏感肌にも気持ちよく使うことが出来ます。
しかし、クリーム自体の保湿力はあまり高くないので、気になる場合には化粧水や美容液で十分潤いを与えるようにしましょう。
公式サイトではトライアルサイズを購入することが出来るので、まずは使用感や自分の肌に合うかを試してみるのがオススメです。

 

HAKU メラノクールホワイトソリッド トライアルサイズのお試しこちらから

 

3位 アスタリフト ホワイト 美白クリーム

 

170303_06

 

美白有効成分であるアルブチンと、アスタリフトの特徴でもあるアスタキサンチンを配合した美白クリームです。
保湿成分として3種のコラーゲンや、アジア酸・マデカッソ酸・アジアチコシドを複合した「AMA」を、富士フィルム独自の技術でナノ化した「ナノAMA」を配合することで高い保湿性で美白効果を助けます。
アスタキサンチンは、ビタミンEの約1000倍以上、βカロチンの10倍以上の強力な抗酸化力を持ち、エイジングケアにも有効です。
紫外線によって生まれた活性酸素を抑制し、メラニンの生成も抑えてくれる働きがあります。
こちらはクリームのみでのお試し商品がなく、本商品が5,400円(税込)なので、一度試してみたいという方には少し手が出にくいかもしれませんが、公式サイトにて定期購入を申し込むとグレードにより10〜15%OFFで購入できるようです。

 

アスタリフト ホワイト 美白クリーム 公式サイトはこちらから

 

まとめ

 

pixta_20087752_M

 

敏感肌の方でも、バリア機能を高めながら美白ケア出来るクリームを選ぶことで、クリアな肌を手に入れることができます。
どんな成分を刺激日感じるのかは個人差がありますので、化粧品を使用する前には成分表を確認し、今の自分にとって合っているかどうかパッチテストなどで必ず確認するようにしましょう。

 

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る