敏感肌スキンケア教室

菌のチカラで敏感肌を改善!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

0013

納豆菌、パントエア菌、麹菌、乳酸菌、酵母菌。
一度は目にしたことがある名前でないでしょうか?一見健康食品に含まれている成分のようですが、実は敏感肌を改善することができる成分なんです。

敏感肌と菌の関係って?

お肌のバリア機能を高め、免疫力の高いお肌へ導くことが敏感肌改善のための近道。敏感肌の方はランゲルハンス細胞と呼ばれている免疫システムの司令塔のはたらきが低下しています。
低下する原因は乾燥やストレス、紫外線など。その他には清潔すぎる環境で生活をしていることも原因のひとつです。菌との接触が減ることで免疫システムが低下してしまいます。敏感肌だからといって過度に菌を避ける生活をしていると、かえって免疫力が低下してしまうのです。
そのため、必要な菌を積極的に取り込んでいくことが重要です。

菌ってお肌に良いの?

0011

具体的にはお肌にどんな作用があるのでしょうか?代表的なものをご紹介します。

納豆菌

お肌本来の潤い機能をサポートします。

パントエア菌

お肌の防御力をアップさせ、保湿効果も。さまざまなお肌のトラブルにはたらきかけます。

麹菌

美白効果やお肌のキメを整える効果があります。

乳酸菌

肌環境を整える役割があります。

発酵菌は微生物のはたらきによって独特のうまみや風味、栄養価を高めたりと日本の食文化において欠かせないものですよね。 腸内環境を整えたり、免疫力を上げたりと、健康維持にも役立っています。
普段の食生活にも積極的にぜひ取り入れてみてください。

食生活と一緒にスキンケアの見直しを

0001

なお、食生活の改善も重要ですが、同時にスキンケアの見直しも重要です。免疫力が低下している敏感肌さんはバリア機能を高めることを意識した化粧品選びを行いましょう。
オススメはディセンシアの「アヤナス」。敏感肌さんはバリア機能の働きをもつ「セラミド」が不足しがち。ディセンシアの「アヤナス」は、「セラミド」の中でも保湿力の高い、人のお肌の中にも含まれている「ヒト型セラミド」をナノ化して配合しているため乱れた角層のすみずみまで徹底的に保湿してくれます。ぜひお試しください。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る