敏感肌スキンケア教室

唇が荒れる原因と対策について

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

顔の中で、人の注意を一番に惹きつけるパーツである「唇」は、皮脂腺や汗腺がなく、皮膚表面に皮脂膜を作ることができないので、乾燥しやすいとされています。その中でも、敏感肌の人の唇は特に荒れやすいとされています。
今回は、唇が荒れる原因と対策についてご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

 

敏感肌特有の唇が荒れる原因

 

02

 

唇は刺激を受けやすく、トラブルが起こりやすいので、敏感肌の場合は特に注意が必要です。
敏感肌特有の唇が荒れてしまう原因は以下の通りだとされています。

 

唇を舐める癖

 

舌でペロッと唇を舐める癖はありませんか?
唾液で潤いを与えようとついつい舐めてしまう人がいますが、それは間違いです。
唾液には保湿効果はありません。むしろ、唾液が蒸発する際に唇の水分も蒸発させてしまうため、乾燥を進めてしまい、皮むけや荒れる原因になってしまうのです。敏感肌の人はバリア機能が低下している状態なので、乾燥のダメージを受けやすく、少しの乾燥でも強い刺激になってしまいます。

 

紫外線の刺激

 

人間の身体は紫外線を浴びると、メラニンを作って防御をします。しかし、唇にはメラニンがもともとなく、防御ができません。そのため、ストレートに影響を受けてしまいます。唇は黒く日焼けをすることはありませんが、強い刺激となって唇にダメージを受けてしまうので、注意しましょう。

 

口紅などの化粧品の成分による刺激

 

多くの口紅に配合されているタール系色素や合成界面活性剤、香料に防腐剤、合成ポリマー、紫外線吸収剤などの成分はお肌に対する刺激が強いため、唇の薄い角層を傷つけてしまい、唇が荒れる原因になります。
また、グロスに含まれている「ラメ」も唇の角層を傷つけてしまう原因のひとつです。

 

正しい唇のケア方法

 

02

 

他の皮膚より角層が薄く、水分が保たれにくい唇はどのようにケアをしたらいいのでしょう?唇のケア方法には以下のような方法があります。

 

紫外線対策をする

 

唇は皮膚が薄く、汗腺や皮脂腺もないので、紫外線の影響を受けやすく、乾燥しやすい部分です。しっかりと紫外線対策を行いましょう。
紫外線をカットできるリップクリームや肌への刺激が強い紫外線吸収剤不使用の口紅を使用するようにしましょう。

 

リップクリームを持ち歩く

 

唇は乾燥しやすい構造なので、リップクリームは必ず持ち歩くようにしましょう。ここで注意したいことがひとつ。それは、リップクリームを塗り過ぎていると、唇の表面が呼吸が出来ない状態になってしまう可能性があることです。
リップクリームの基本的な使用回数は、1日3~5回程度に収めておきましょう。
それでも唇の荒れが改善されないのであれば、使用しているリップクリームを見直すか皮膚科を受診してくださいね。

 

ワセリン+ラップで簡単パック

 

唇が荒れてどうしようもない時は、ワセリン+ラップでパックをしましょう。
お風呂上りにワセリンを唇にたっぷりと塗り、その上からラップをします。
濡らしたタオルを電子レンジでチンをして蒸しタオルを作り、ラップした唇の上にその蒸しタオルを乗せ、そのまま15分程待ちましょう。
ワセリンは薬局などで簡単に手に入るので、是非一度試してみてくださいね。

 

まとめ

 

02

 

リップクリームや口紅など、何もつけていなくてもハリがあって血色のいい状態の唇が「健康的な唇」です。
私たちが想像している以上に唇はデリケートなので、正しいケアを行って、潤った唇で過ごせるように心がけましょう。

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る