敏感肌スキンケア教室

その顔のむくみ!塩分の摂りすぎが原因かも?

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

0016

朝起きると顔がパンパン!そんな経験はありませんか?実はそのむくみ、普段の食生活に原因がある可能性が・・・出来上がった料理やお新香などにお醤油や塩をかけてしまう、味付けはついつい濃い目に・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。日本人は世界と比べても塩分摂取量が多い国だと言われています。塩分を過剰にとりすぎてしまうと、身体のむくみの原因となる他、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因ともなります。美肌を維持していくためには、塩分には十分に気をつけていく必要があります。

顔のむくみの原因とは?

そもそも肌のむくみとは何故起こるのでしょうか?「浮腫み(むくみ)」とも表記される現象で、余分な水分や老廃物がたまってしまう状態のことをさします。顔のむくみは顔に余分な水分がたまっている状態で、食生活や生活習慣に気をつけることで解消していくことができます。
むくみの主な原因とされているのが「塩分」や「アルコール」の過度な摂取といわれています。
体内の水分バランスの調節には「ナトリウム」「カリウム」のバランスが大事になりますが、塩分を過剰に摂取することでこのバランスが崩れ、体内に水分をためこみやすくなってしまいます。
また、アルコールの過剰摂取もむくみの原因になります。肝臓がアルコールを分解するためには、水分が必要であるといわれています。ただ、アルコールには利尿作用があるため、水を飲んでもどんどん排出され、結果的に必要以上の水分を摂取し、むくみにつながってしまうのです。

0015

食生活を見直すことで顔のむくみを避けることができます。過度なアルコールの摂取は避け、毎日食べている食事の「塩分」の見直しを行いましょう!

適切な塩分とは?

健康体であれば、1日に10gほどの塩分を取ることが必要です。塩分を体外に排出させる腎臓は、1日に10gの塩分を目安に尿として排出させる働きをすると言われています。これ以上塩分をとると、腎臓に負担がかかってしまいます。
そこで、まずは一体自分がどれくらいの塩分量をとっているのかを知ることが大切です。今は、塩分計などで簡単に調べられるアイテムもあります。味噌汁などの液体に塩分計の先を付けるだけで、塩分濃度がわかるようになっています。また、インスタント食品やお惣菜には、ナトリウムという項目で塩分が記されていることも多いです。
ナトリウム400mg=塩1グラム
となっているのでざっと計算して調べるのも良いでしょう。

0010

また、塩や味噌、醤油といった調味料だけでなく、塩分は食パンや麺にも含まれています。
そのため、調味料としての塩分を控えめにすることでトータルの塩分を減らすことができます。カロリーは抑えているのになかなか痩せないという方も是非。

スキンケアもしっかり

顔がむくむということは体内の水分バランスの調節が上手くとれていないため、体中の細胞が不活性な状態になっています。するとお肌の細胞も元気がなくなり、肌のハリやツヤは失われてしまいます。むくんでいる際にはスキンケアでしっかりお肌に栄養を与えることを忘れないでください。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る