敏感肌スキンケア教室

赤ら顔の原因とスキンケアについて

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

顔が赤くなった状態である「赤ら顔」は、血管の色で肌が赤くなっているように見えてしまったり、肌そのものに何かしら問題があって赤くなってしまったり、様々な原因で起こると言われています。
今回は、赤ら顔の原因とスキンケアについてご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

 

敏感肌特有の赤ら顔の原因

 

02

 

敏感肌は肌のバリア機能が低下しているため、ほこりや花粉などの外部刺激を防ぐことができず、肌の炎症が起きやすくなっています。肌の炎症が起きた部分は、免疫力が落ちてしまうため、雑菌を繁殖させやすく、繰り返し炎症が続いてしまいます。
敏感肌特有の赤ら顔の原因は以下の通りだとされています。

 

赤くすみによるもの

 

紫外線や乾燥、摩擦などの刺激によって、肌が荒れてしまい、炎症が起こります。この炎症が長引くと、肌の奥深くにまでダメージが届いてしまい、赤みが色素沈着して「赤くすみ」と呼ばれる状態になってしまうのです。

 

ニキビによるもの

 

炎症を伴う「赤ニキビ」ができてしまうと、ニキビの周辺のお肌の血管が拡張し、赤くなります。この赤ニキビが治らないうちに新しい赤ニキビができると、さらに炎症を起こしてしまい、肌の炎症が治まらない状態が続いてしまいます。
この状態が続いていくと、肌に赤みが定着します。これが赤ら顔になる原因です。

 

脂漏性皮膚炎によるもの

 

皮脂の分泌が過剰になると、肌の上に余分な皮脂が留まって、常在菌と反応し、炎症を起こして赤くなります。
鼻や鼻の脇など、皮脂の分泌が多いところで起こることがほとんどだとされています。

 

赤ら顔の正しいスキンケア方法

 

02

 

肌のバリア機能が低下している場合、一度炎症を起こしてしまうと、その炎症を起こした部分の免疫力が落ちてしまい、新たな肌トラブルを起こしてしまいがちです。

 

肌に水分がたっぷりあると、刺激に対する抵抗力が増し、新たな肌トラブルを予防することができます。そのため、保湿はしっかりと行うようにしましょう。
ダメージを受けて炎症を起こしてしまっている肌のことを考え、スキンケアは水分を与えて潤いを保つ作用のある保湿成分を含んでいるものを選ぶようにしましょう。
元々肌に含まれている保湿成分の「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」は、肌のハリと弾力、潤いを保つのに欠かせません。
これらの成分は、元々お肌に含まれている必要な成分です。炎症を起こしてしまいがちな敏感肌の方でも安心して使うことができますよ。

 

まとめ

 

02

 

肌トラブルを繰り返し、肌が炎症している状態が続いてしまうと、赤みが色素沈着してしまい、赤ら顔になってしまうことがあります。
そんな状態を事前に防ぐためにも、正しいケアで対処しなければなりません。
きちんと保湿を行い、バリア機能を高めることができる化粧品で、優しくスキンケアを行うようにしてくださいね。

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る