敏感肌を改善させるスキンケアとは?

敏感肌スキンケア教室

敏感肌は正しいスキンケアで改善できる!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌の女性

敏感肌にとってもっとも避けたいのは、乾燥と刺激です。それは、敏感肌は角質層のバリア機能が弱まって、外部刺激を受けやすい状態となっているため。そして、この状態をもたらす大きな原因に、乾燥があるためです。それでは、敏感肌を改善させるには、具体的にどのようなポイントを踏まえたスキンケアを施すべきなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

敏感肌の状態

敏感肌の女性

敏感肌とは、角質層の構造が崩れて荒れた状態になっている肌を指します。角質層の乱れにより肌のバリア機能が弱まっているため、肌は本来の機能を果たせなくなっており、乾燥しやすくなったり、外部刺激を受けやすくなっています。敏感肌になるとちょっとの刺激でヒリヒリしたり、肌荒れやトラブルが起こりやすいのは、このためなのです。

敏感肌のケアには保湿がもっとも重要

敏感肌のケア

敏感肌を改善させるには、角質層のバリア機能を正常に戻す必要があります。バリア機能を弱めるもっとも大きな原因は乾燥であるため、敏感肌のケアでは何よりも「保湿」が重要です。保湿=水分補給と考える方も少なくありませんが、保湿とはただ単に肌に水分を与えることではなく、肌を潤す成分を補うことを言います。特に敏感肌の方は、角質層の保湿に必要な潤い成分を与えてあげることが大切です。中でも、「NMF」「セラミド」の2成分が、もっとも補ってあげたい成分と言えるでしょう。
NMF(天然保湿因子)は、角質層の潤いに欠かせない成分です。ターンオーバーにより生成されるため、これが乱れると不足することがあります。肌が敏感になっているときは、バリア機能が弱まっていることからターンオーバーも乱れがちに。意識的に補いましょう。
セラミドは、角質層の主成分である角質細胞間脂質の60%を占める潤い成分。水分保持とバリア機能を一手に担う重要な働きをしています。しかし、加齢とともに減少してしまうため、きちんと補う必要があるでしょう。敏感肌の場合は、特に角質層の潤いを保持する必要があるので、セラミドの補給が不可欠です。

NMF、セラミドを配合したおすすめ化粧水

アヤナス ローション コンセントレート

 

ay_img02

  • 5,400円/125ml

人の肌に存在するセラミドと同等の構造を持ち、高い保湿力を誇るヒト型セラミドを、ナノサイズにして配合したことから、肌にのばした瞬間すっと染み込む高い浸透力を実現した化粧水です。同時に、アクティブプール成分(ポーラ研究所オリジナル成分)が保湿力を強化するため、水分と美容成分が肌内部にしっかり保たれます。また、微弱炎症を抑える「コウキエキス」も配合。刺激による炎症が気になる敏感肌には、特に嬉しいですね。乾燥性敏感肌をはじめ、さまざまな肌タイプに対する「アレルギーテスト」や「皮膚科医立ち会いテスト」も実施済み。ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」が自信をもってお届けする一品です。

おすすめのセラミド化粧水アヤナスを詳しく!

キュレル美白化粧水

  • オープン価格/140ml

セラミド+美白を提案する、花王の美白化粧水。使い心地に合わせてⅠ=ややしっとり、Ⅱ=しっとり、Ⅲ=とてもしっとりの3種類が用意されています。セラミドの生成を促すユーカリエキスを配合することで、保湿効果を実現しました。乾燥性敏感肌の方の協力のもと、パッチテストも行っています。

セラクレアクワトロシステムエッセンス

  • 8,640円(税込)/32ml

日本製粉グループより発売されている敏感肌向けの化粧水です。米胚芽から抽出した米セラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質)の他、アーモンドエキス、キサンタンガムクロスポリマー、カラスムギ穀粒エキス、モロコシ茎汁などを配合。さらっとしたテクスチャーで、肌にすっとなじみます。目元や口元など、年齢や乾燥が気になる部位には、重ねづけすることで効果が高まるとしています。

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る