敏感肌スキンケア教室

肌荒れの救世主!?表皮ブドウ球菌のチカラ

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

冬場の寒い時期、ついつい長風呂になってしまったり、寒くて1日に何回も湯船に浸かってしまうという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。入浴は血行促進に役立ち、こわばった筋肉やコリをほぐす効果、心のリラックス効果もあり特に冬場は欠かせませんよね。こんなにお風呂に入ってちゃんと汚れを落としているのに肌荒れが治らない…敏感な状態が続いている・・という方は、身体、顔の洗いすぎがかえって敏感肌を悪化させている可能性があります。

洗いすぎは肌荒れをさらに悪化!

人間のお肌の表面には沢山の菌がいます。菌というと悪いイメージをもたれるかもしれませんが、実は皮膚の健康を守るためには菌がとても重要な役割を果たしているのです。お肌の表面の上で重要な役割を持っている菌で「表皮ブドウ球菌」というものがあります。

0008

「表皮ブドウ球菌」は、皮膚に存在している常在菌のうちのひとつで、お肌の状態を弱酸性に保つはたらきをしています。また、外部刺激による悪い菌の進入を防ぎ、お肌を守っています。この菌は、お風呂でゴシゴシ洗ってしまうと、皮膚の表面から流れ落ちてしまいます。流れ落ちた後は再生しますが、再生にかかる時間はおよそ8時間。
過剰に洗いすぎると、「表皮ブドウ球菌」が減ってしまい、外部刺激からお肌を守れず、悪い菌が進入しやすく、肌荒れや敏感肌の悪化に繋がります。

表皮ブドウ球菌を増やすには?

「運動」、「睡眠」、「湿度」がポイントになります。
「表皮ブドウ球菌」は汗を好んで食べます。そのため、できるだけ日頃から汗をかく運動を意識しましょう。
冬場だと、汗をかく運動をするのはなかなか難しいかもしれませんが、じんわり汗をかくようなストレッチでも十分です。
また、「表皮ブドウ球菌」はストレスに弱い性質があります。ゆっくりと身体を休めることもポイントです。十分な睡眠をとったり、趣味や好きなことをしてリラックスしてできるかぎりストレスを軽減しましょう。
その他、菌は乾燥に弱い性質があります。冬場はエアコンやストーブによって部屋の中が乾燥しがちです。加湿器をつけたり、濡れタオルを部屋に干すなど湿度を上げる工夫をしましょう。

0005

自分の「表皮ブドウ球菌」を培養し、スキンケア用品のように洗顔後に塗るだけで、肌荒れが改善したという例もあります。改善できるところから見直しを行い、自分の「表皮ブドウ球菌」を増やし、お肌を健康な状態にしていきましょう。

 

スキンケアの見直しも

肌本来がもっている「表皮ブドウ球菌」のチカラを使って、敏感肌を悪化させないことも重要ですが、スキンケアを怠ってはいけません。敏感肌を改善するためのスキンケアを同時におこなうことで、より健康な肌状態に近づくことができます。
肌荒れが起きていたり、敏感な肌状態にある方はお肌のバリア機能の働きをもつ「セラミド」が不足しています。「セラミド」を意識したスキンケアを心がけましょう。ay_img02

オススメはディセンシアの「アヤナス」。「セラミド」の中でも保湿力が高く、人のお肌にもともとそなわっている「セラミド」と同じ構造の「ヒト型セラミド」をナノ化して配合しているので、角層のすみずまで「ヒト型セラミド」を浸透することができます。
「表皮ブドウ球菌」を増やしながら、スキンケアも改善し、肌荒れの起こりにくいお肌を目指しましょう!

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る