敏感肌スキンケア教室

ストレスと敏感肌の関係

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

普段から使っていた化粧品が急に合わなくなって肌が赤くなったりピリピリとした刺激を感じるようになったことはありませんか?
それはストレスが原因で肌が敏感になっているから起こったのかもしれません。
今回は、ストレスと敏感肌の関係についてご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

 

ストレスと敏感肌の関係って?

 

02

ストレスと敏感肌は密接な関係にあるとされています。
ストレスは、肌のターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌を妨げます。また、自立神経を乱すので、血行不良を引き起こします。血行不良になると、十分な酸素や栄養が全身に行き渡らなくなり、新しい角層細胞が生まれにくくなります。このように、ストレスは「お肌の新陳代謝」「皮膚細胞の生まれ変わり」とも呼ばれている肌のターンオーバーの乱れを引き起こします。
ターンオーバーが乱れてしまうと、お肌に新たな細胞を生み出す力が弱まったり、肌の水分保持力や肌のバリア機能が低下してしまい、外部からの刺激を受けやすくなってしまうのです。

 

敏感肌を引き起こすストレス

 

02

 

敏感肌とストレスは密接な関係にあることが分かりましたが、日常生活で敏感肌を引き起こす「ストレス」は何かご存知ですか?
敏感肌を引き起こす「ストレス」には2つあり、以下のような特徴があります。

 

外的ストレス

外的ストレスとは、主に日常生活における物理的な負荷を与える刺激のことを指します。紫外線や湿度・気温の変化、大気汚染に騒音、間違ったスキンケアや花粉等が「外的ストレス」に分類されます。

 

内的ストレス

内的ストレスとは、主に精神的に負荷を与える刺激のことを指します。食生活の乱れや睡眠不足、不規則な生活に疲労、運動不足等が「内的要因」に分類されます。

 

肌ストレス

ストレスの中でも肌に直接悪影響を与えるストレスは「肌ストレス」と呼ばれています。
肌ストレスには目に見えるもの、目に見えないものと様々あり、代表的な肌ストレスは、紫外線や花粉、PM2.5、睡眠不足に冷え性、間違ったスキンケア等だとされています。

 

ストレスによる敏感肌に悩む方にオススメのスキンケアアイテム

 

DECENCIA(ディセンシア) アヤナス

 

02

 

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドの商品です。

 

通常のセラミドの4倍もの浸透力を持つ「セラミドナノスフィア」という保湿成分が徹底的に肌を潤します。また、ポーラ研究所独自の成分である「CVアルギネート」がコラーゲンの産生量を170%にまでアップしてくれるので、外から補給するのではなく自分でコラーゲンを生み出す事ができる肌に導いてくれます。
また、ストレスによる「肌荒れ」のメカニズムに着目した複合成分ストレスバリアコンプレックス®も配合。ストレスによる肌荒れに科学的にアプローチし、健やかな肌へ導きます。
ストレスによって起こる「肌荒れ」のケア、くすみ予防、今起きている炎症の抑制だけでなく、エイジングケアも同時に行うことができます。
刺激になるアルコール・合成香料は使用されていないため、ストレスによって敏感になったお肌を優しくケアすることができます。
お試しセットがあるので、自分に合うかどうかを手軽に試すことができますよ。衛生管理、アレルギーテスト、実施用モニターテスト等を徹底して行っているという点も嬉しいポイントですね。

 

DECENCIA「アヤナス」を試してみる

 

まとめ

 

02

 

私達のお肌は外からも内からも刺激と影響を受けており、いつ敏感肌になってもおかしくない状況です。
ある日急にストレス性の敏感肌にならないようにするためにも、ストレスの解消と、正しいスキンケアを行うようにしましょう!

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る