敏感肌スキンケア教室

敏感肌が美白ケアをするためのポイント

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌は、健康な肌状態に比べバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなっているため、お肌のトラブルが起こりやすくなっています。
実は、敏感肌は外部刺激をダイレクトに受けることにより、炎症が起き、シミやくすみの原因であるメラニンが生成されやすくなっています。そのため、シミができやすく、美白が効きにくい状態になっているのです。敏感肌こそ美白ケアを行うことが重要なのです。

 

今回は、敏感肌が美白ケアをするためのポイントや美白ケアアイテムを選ぶポイントについてご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

 

敏感肌が美白ケアするために気をつけたいポイント

 

02

 

敏感肌用化粧品は、配合される成分が少なくシンプルで、低刺激なイメージがあるかと思います。一方で、美白化粧品というと様々な成分が配合されており、お肌への刺激も多いイメージがありませんか?
美白成分の中には刺激が強いものもあり、敏感肌の方がそれを使用するとお肌が炎症を起こしてしまうこともあります。
結果、お肌が真っ赤になってしまったり、ヒリヒリしてしまったり、美白ケアどころではなくなってしまうことがあるのです。

 

それでは、正しく美白ケアアイテムを選ぶためにも少し敏感肌の肌状態について学んでおきましょう。

 

敏感肌は、紫外線や乾燥、花粉等の外部刺激を受けやすく、シミやくすみの原因であるメラニンが生成されやすくなっています。ターンオーバーも乱れているので、メラニンがどんどん蓄積し、シミ・くすみとしてお肌に残りやすくなってしまいます。

 

さらに、敏感肌の多くはお肌のバリア機能が低下しています。そのため、肌内部の水分を保持することができず、水分量が低下し、お肌は乾燥状態になっています。そんな状態のお肌なので、どんなに効果のある美白成分を使用しても浸透することができず、なかなか効果が現れにくいのです。敏感肌はこのような肌状態のため、敏感肌を改善するケアを行いながら、美白ケアを行うことが大切です。美白が効きにくく、シミができやすい敏感肌だからこそ、しっかりと効果のある美白ケアを行い、敏感肌に合った美白ケアアイテムを正しく選んでいきましょう。

 

美白ケアアイテムを選ぶポイント

 

02

 

敏感肌の方は、どんな美白ケアアイテムを選ぶようにすれば良いのでしょうか。美白ケアアイテムの選び方のポイントをご紹介します。

 

低刺激の化粧品を選ぶ

敏感肌の刺激となる「アルコール(エタノール)」や「合成香料」などが配合されている化粧品は避けることをオススメします。これら成分が刺激になってしまうと、どんなに効果のある美白成分が配合されていても効果が実感できないことがあります。

 

医薬部外品のものを選ぶ

美白化粧品を選ぶポイントとして「医薬部外品」という記載があるものに注目すると良いでしょう。
「医薬部外品」とは、ビタミンC誘導体やアルブチンなど厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されていることが、国に認められた製品のことを指します。
美白をイメージさせるパッケージや商品名でも「医薬部外品」の表示がないと、美白に有効な成分は一定量配合されていません。商品購入の際には必ずチェックしましょう。

 

保湿力の高いものを選ぶ

敏感肌はバリア機能が低下し、角層が弱っている状態なので、乾燥しやすくお肌の水分が逃げやすい状態。そのため、せっかく補給した美白成分もお肌から逃げやすくなっているのです。美白成分だけでなく、保湿成分が配合されているか必ず確認を行いましょう。

 

バリア機能を高めてくれるものを選ぶ

美白効果があるかどうかも重要ですが、敏感肌はまず正常な肌状態に戻すことが重要です。美白有効成分だけでなく、バリア機能を高めてくれる効果があるかどうかも確認しましょう。
オススメの成分としては「セラミド」です。「セラミド」は敏感肌に不足しがちな成分で、肌のバリア機能を助けてくれる役割を持っています。

 

敏感肌におすすめの美白ケアアイテム

 

1.DECENCIA(ディセンシア)サエル

 

02

 

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドDECENCIA(ディセンシア)の美白ライン サエルシリーズです。
シミができやすく、美白が効きにくい敏感肌のことを一番に考えて作られた、敏感肌専用美白ケアシリーズです。敏感肌の弱ったバリア機能をサポートし、透明感のあるお肌に導いてくれます。

 

美白有効成分として「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」を配合し、シミやくすみの元となる「メラニン」にしっかり働きかけてくれます。
その他ポーラ研究所オリジナル成分「エスクレシド」も配合し、メラニン生成の過程から徹底的にケアしてくれます。

 

さらに、化粧水には敏感肌に不足しがちな「セラミド」の産生を促進する「白様雪®」や5種類の必須アミノ酸を厳選して複合化した保湿成分の「アミノコンプレックス」を配合。不足してしまった水分をたっぷり補ってくれます。
クリームにはディセンシア独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、外部刺激をブロックしながら保湿を行い、バリア機能を高めてくれます。
もちろん、アルコール、合成香料、紫外線吸収剤不使用で、皮膚科医立会いでのテストも実施されているため、敏感肌の方でも安心して使うことができますよ。
「使いはじめて数日で美白効果を感じた」というお客様からの喜びの声も多く寄せられているところも魅力的なポイントですね。

 

初めての方のために、自分に合うかどうかを手軽に試すことができる10日間のトライアルセットが初回限定1,480円(税込、送料無料)で用意されていますよ。化粧水・美容液・クリームとラインで試すことができるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

DECENCIA「サエル」を試してみる

 

まとめ

 

02

 

乾燥などの外部からの刺激を受けやすくメラニンが過剰に生成されやすい敏感肌は、シミやくすみなどもお肌に現れやすい状態であるため、美白ケアが重要になります。
美白有効成分は刺激が強く、敏感肌に合わないと思われがちですが、敏感肌でも使うことができる美白ケアアイテムがあるので、自分のお肌に合った美白ケアアイテムを見つけて美白ケアを行ってくださいね。

 

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る