敏感肌とアトピーの深い関係とスキンケア|敏感肌スキンケアまとめ

皮膚科医監修:敏感肌ケア

【皮膚科医監修】
アトピーによる敏感肌はスキンケアでどう防ぐ?

監修医紹介

高輪皮膚科・形成外科 院長 小林しのぶ先生

アイテム1

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌

外部からの刺激や肌内の水分の蒸発を防ぐバリアの役割をしている肌の角質層。この角質層がダメージを受けると、敏感肌や乾燥肌になってしまいます。そして、その角質層へのダメージのひとつとなるのがアトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎によって肌が過敏になるのを防ぐには、どのようなケアを行えばよいのでしょう。

アトピー性皮膚炎ってどういうもの?

敏感肌

アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が低下している状態に加えて、ほこりやダニといったアレルゲンの侵入やストレスなどのさまざまな要因が重なることで起こると考えられていますが、はっきりとした原因は解明されていません。
原因や症状には個人差があり、また、症状を悪化させる要因となるものも人によって異なってきますが、共通してみられる症状として、かゆみ、特徴的な湿疹とその分布、症状の慢性化と反復性(良くなったり悪くなったりを繰り返す)、があります。
赤みをともなう湿疹や、ぷつっと盛り上がった湿疹、ジクジクとした湿疹などが多く見られ、掻くと皮膚がゴワゴワしたり、かさぶたになることもあります。

アトピーを引き起こす要因

敏感肌

アトピーを引き起こすものとして、「体質要因」と「環境要因」があります。
「体質要因」(アトピー素因)とは、アトピーになりやすい体質のこと。自分や親族の中に、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎といったアレルギー性の病気をもっている場合、アトピー体質である可能性は高いと言えます。また、5種類存在する抗体のうち「IgE」と呼ばれる抗体を産出しやすい体質である場合にも、アトピーの体質的要因があると考えられています。日本皮膚科学会のガイドラインにも「アトピー性皮膚炎の多くがアトピー素因を持つ」とあります。しかしアトピー素因を持つ全ての人が、アトピーを発症するわけではありません。
「環境要因」では、衣類やアクセサリー、食べ物、ハウスダスト、ダニとアレルゲンほか生活習慣やストレスも挙げられます。これらの体質要因と環境要因が重なったときに、皮膚炎の症状が出ると考えられています。

アトピーのスキンケア

敏感肌

最後に、アトピーの改善を意識したスキンケアをご紹介します。

汗対策

汗は雑菌を増殖させ、炎症の引き金にもなります。通気性の良い服を選んで、お風呂やシャワーで体を清潔に保ちましょう。

乾燥対策

アトピー性皮膚炎は、セラミドなどの保湿成分が少なく、肌が乾燥状態です。肌のバリア機能が弱まっているため、肌内部にアレルゲンが入り込みやすく、汗などの外的刺激にも弱くなります。金属や化粧品などで炎症が起こりやすいのもこのため。炎症によってかゆみが生じ、その部分を掻くことでさらに肌のバリア機能は低下する、といった悪循環になります。乾燥を防ぐためにも、保湿剤でしっかりと潤いを補いましょう。保湿剤にも種類があり、セラミド、コラーゲン、尿素、ワセリンなど、含まれている成分も製品によって違います。人により肌に合うものは異なるので、自分に合った保湿剤を選び、こまめに塗るようにしましょう。

紫外線対策

紫外線の刺激は、炎症の引き金になるため、アトピー体質の方は特に気を付けなければなりません。肌に極力刺激を与えないUVケア化粧品を利用して、なるべく肌の露出を抑えた服装を心がけてくださいね。

監修医紹介

高輪皮膚科・形成外科 院長 小林しのぶ先生

アイテム1

アトピーなどの皮膚疾患の診療ほか、しみやシワ、たるみといった美容面での皮膚診療まで幅広い分野を専門とする小 林先生。長年の皮膚科・皮膚外科の診療経験を生かし、さまざまな患者の悩みに応えています。

高輪皮膚科・形成外科
〒108-0074 東京都 港区高輪2-16-49

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る