敏感肌スキンケアの悩み・しわができやすい原因と対策|敏感肌スキンケアまとめ

皮膚科医監修:敏感肌ケア

【皮膚科医監修】
敏感肌用化粧品でのしわ対策スキンケア

監修医紹介

高輪皮膚科・形成外科 院長 小林しのぶ先生

アイテム1

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る

敏感肌

敏感肌は、乾燥や紫外線などの外部刺激やストレス、体調の乱れなどのさまざまな原因によって角層が荒れ、肌のバリア機能が低下している状態。そしてこの敏感肌の多くが、乾燥によって引き起こされています。乾燥は、肌を過敏にするだけでなく、しわなどの原因にもなります。敏感な肌に刺激を与えることなく、しっかりと敏感肌用化粧品でしわ対策を行うには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

乾燥によるしわの特徴

敏感肌

肌の角層は角質細胞が積み重なってできており、その間をセラミドなどで構成される細胞間脂質が埋めることで、外からの刺激を肌内部に入り込ませないようにする壁となっています。これがいわゆる肌のバリア機能。しかし、乾燥によってセラミドが減少し、この壁にすき間ができると、外からの異物が肌の入り込みやすくなり、さまざまな肌トラブルを起こす敏感肌になるのです。さらにそれだけなく、肌内の水分もそのすき間からどんどん外に逃げてしまい、肌の乾燥も悪化します。
肌の水分量が減ると、肌は潤いをキープするために角質細胞を増殖させます。すると角質が硬く厚くなる「角質肥厚」が起こり、キメが乱れてすき間ができます。これによって生じるのが乾燥じわ。乾燥じわは表皮にできる細いしわで、「ちりめんじわ」とも呼ばれます。

敏感肌スキンケアでのしわ対策

敏感肌

化粧品での「乾燥ケア」が、敏感肌用化粧品でのしわ対策の基本となります。敏感肌専門のブランドで、できればエイジングケアができるものが良いでしょう。また、真皮で肌のハリをささえる「コラーゲン」は肌の外から塗っても分子が大きすぎて保湿以外の意味はありません。敏感肌用化粧品でしわの対策をするには、敏感肌自らが真皮のコラーゲンを産み出す力をサポートしてくれる成分が入っているものが良いでしょう。入浴後や洗顔後は化粧水でしっかり水分を補い、化粧水をつけた後は、水分を肌に留めておけるよう、クリームでフタをします。その際、クリームに敏感肌が弱っているバリア機能をサポートしてくれるクリームを使うとなお良いでしょう。
また、「紫外線対策」も重要です。角質は肌の水分不足によっても厚くなりますが、紫外線を繰り返し浴びることでも肌は危機感を感じ、角質を厚くさせます。さらに、紫外線は肌の乾燥も助長させます。日中の外出などではUVケア、帽子・日傘の利用などを徹底しましょう。また、角質肥厚に繋がるといった部分では、肌への摩擦にも注意が必要。洗顔時や、タオルで拭く際に、ゴシゴシ擦ったりしていませんか?このような摩擦でも、肌を守ろうとする働きが活発になり、角質肥厚が起こります。洗顔の際はできるだけ肌に触れず、泡で洗うようにし、タオルで拭く際も擦らずにやさしくタオルをあて、水分を吸い取るようにしましょう。

監修医紹介

高輪皮膚科・形成外科 院長 小林しのぶ先生

アイテム1

アトピーなどの皮膚疾患の診療ほか、しみやシワ、たるみといった美容面での皮膚診療まで幅広い分野を専門とする小 林先生。長年の皮膚科・皮膚外科の診療経験を生かし、さまざまな患者の悩みに応えています。

高輪皮膚科・形成外科
〒108-0074 東京都 港区高輪2-16-49

  • ツイッターに送る
  • FACEBOOK
  • LINEに送る